「どこに行ってもよくならない…」とお嘆きのあなた

電話: 022-253-7725(完全予約制)
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16

女性会員数300名突破!おかげさまで仙台市若林区で口コミNo.1の整体院に選ばれました。

電話: 022-253-7725

腰痛の主な原因

2015年2月14日 ,,

こんにちは!

 

仙台市若林区手ごころ整体院です!

 

腰痛の主な原因についてです。

 

椎間関節(ついかんかんせつ)

椎間関節

椎間関節は痛みに対して過敏なため、体を動かしたときに鋭い痛みになります。

椎間関節の変性(薄くなる)や腰の筋肉の緊張亢進によって引き起こされやすい。

 

椎間板(ついかんばん)

椎間板

椎間板ヘルニアになり、神経根を圧迫すると、下肢に坐骨神経痛が現れる。

神経根が圧迫されなくても、後縦靭帯が刺激されれば痛みも原因になる。

体を動かしたときだけ髄核が動いて痛みが出ることもある。

MRIを撮って特に大きなヘルニアになっていなくても、腰痛の原因となっている可能性も高い。

 

仙腸関節(せんちょうかんせつ)

仙腸関節

仙腸関節はズレないように靭帯で強固に固められている。

その靭帯の上に多裂筋(たれつきん)と呼ばれる腰の筋肉が付着する→多裂筋の緊張亢進→過度に靭帯(特に後仙腸靭帯)にストレスがかかり、仙腸関節性の腰痛の原因となる。

 

多裂筋(たれつきん)

多裂筋

多裂筋の緊張が亢進すると椎間関節性の腰痛の原因となる。

下部の多裂筋の緊張亢進は仙腸関節を保護する靭帯に過度なストレスをかけて、仙腸関節性の腰痛を引き起こす。

 

胸腰筋膜(きょうようきんまく)

胸腰筋膜

多裂筋と隣接する脊柱起立筋は胸腰筋膜(まるで囲まれた部分)と呼ばれる強固な膜に包まれている。

両筋の緊張が亢進すると、この中で内圧が上がるのが腰部の慢性的な鈍痛の原因となる。

 

梨状筋(りじょうきん)

梨状筋

股関節の回旋に作用する筋肉で、この筋肉の緊張が亢進して硬くなると下にある坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こす→梨状筋症候群

椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛との鑑別が重要だが、両方が原因となっていることもある。

坐骨神経痛がなくても、筋肉の緊張亢進自体が、この部分の鈍痛の原因であることも多い。

 

このように腰痛といっても様々な原因がありますので、腰痛でお悩みの方は腰痛専門の当院にご相談下さい。

 

 

リラックス効果でご満足頂けました!

Googleマップへ

Appleマップへ

電話: 022-253-7725
LINE

ページを閉じる

お問い合わせ

メディア掲載実績

ひよこクラブ

会社概要

屋号
手ごころ整体院
営業時間
 
月・火・木・金:10時~20時
水・土:10時~14時
定休日
日祝 その他講習会参加日等
住所
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16
最寄り駅
六丁の目駅徒歩1分
電話番号
022-253-7725
予約有無
完全予約制

アクセス情報

住所
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16
最寄り駅
六丁の目駅徒歩1分

Googleマップへ

Appleマップへ

受付時間

受付時間

お問合せ

お電話でのお問い合わせ
022-253-7725

メールでのお問い合わせ
shun5546@gmail.com

ネットからのお問い合わせ
お問合せ

完全予約制

手ごころ整体院紹介

手ごころ整体院 手ごころ整体院

〒984-0013
仙台市若林区六丁の目南町1-16

最寄駅 六丁の目駅
ブログはこちら お問い合わせフォーム