「どこに行ってもよくならない…」とお嘆きのあなた

電話: 022-253-7725(完全予約制)
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16

女性会員数300名突破!おかげさまで仙台市若林区で口コミNo.1の整体院に選ばれました。

電話: 022-253-7725

立ち続けても疲れない方法

あなたは、どのくらいの時間立ち続けていられますか?

 

同じ体勢で立ちっぱなしは、30分でも結構きつく感じるのではないでしょうか。

 

立ちっぱなしが疲れる理由

立ちっぱなしが疲れる理由、それは身体が本来あるべき「つながり」を失ってしまいやすいからです。

 

まず、楽に立っている姿勢とはどのような状態かを考えてみます。

成人では約5キロもある頭を背骨および身体全体がどのように支えているか?

 

だらしなく身体を丸めた状態よりも、自然にまっすぐに伸びた背骨を意識した姿勢のほうが楽で長持ちすることは、ご存知のはずです。

 

背骨を感じることで、重い頭をもっとも効率的に支える重力線が意識されることにもなり、その中で身体は最適なバランスをとることができるのです。

 

ここで問題になるのは「背骨は1本なのに脚は2本ある」ということなのです。

 

たとえば、背骨の真下に脚が1本だけ出ていると仮定してみます。

 

この状態だと、頭のてっぺんから足裏までをまっすぐにつなぐラインがそのまま重力線になるので大変意識しやすいのです。

 

つまり脚が2本あることで、背骨と脚の「つながり」が機能しにくくなっています。

その結果、脚が背骨を支える感覚が薄くなり、頭を含む上半身の重さを腰だけで支えなければならなくなることで、腰が重くなったり、痛くなったりするのです。

 

では、そのつながりを取り戻すためにはどうすればよいのでしょうか?

 

それは「片脚立ち」です。

ポイントがいくつかあって、片脚立ちした状態で、地面についた足はさらに下に下がり、頭は、上に伸びていくようなイメージで、足裏から頭までをつなぐ1本のラインを意識します。

 

特に、下腹から支持脚の内腿にかけて軸が通っているかを確認します。

支持脚の軸がしっかりすると、上げているほうの脚はどんどん軽くなって自然に上がっていくようになるのが感じられます。

このとき、お腹から脚を地面に踏み下ろしていく力の反作用で上に伸びる力が生まれるようにするのが重要で、自分の力で伸び上がろうとしないでください。

 

 

 

リラックス効果でご満足頂けました!

Googleマップへ

Appleマップへ

電話: 022-253-7725
LINE

ページを閉じる

お問い合わせ

メディア掲載実績

ひよこクラブ

会社概要

屋号
手ごころ整体院
営業時間
 
月・火・木・金:10時~20時
水・土:10時~14時
定休日
日祝 その他講習会参加日等
住所
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16
最寄り駅
六丁の目駅徒歩1分
電話番号
022-253-7725
予約有無
完全予約制

アクセス情報

住所
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16
最寄り駅
六丁の目駅徒歩1分

Googleマップへ

Appleマップへ

受付時間

受付時間

お問合せ

お電話でのお問い合わせ
022-253-7725

メールでのお問い合わせ
shun5546@gmail.com

ネットからのお問い合わせ
お問合せ

完全予約制

手ごころ整体院紹介

手ごころ整体院 手ごころ整体院

〒984-0013
仙台市若林区六丁の目南町1-16

最寄駅 六丁の目駅
ブログはこちら お問い合わせフォーム