「どこに行ってもよくならない…」とお嘆きのあなた

電話: 022-253-7725(完全予約制)
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16

女性会員数300名突破!おかげさまで仙台市若林区で口コミNo.1の整体院に選ばれました。

電話: 022-253-7725

呼吸と脳の関係

ふだん、呼吸と脳の関係を意識して呼吸をしている人はいないでしょう。

 

 

しかし、呼吸脳脊髄液と深く関わっています。

 

 

脳脊髄液は脳を保護して身体のすみずみまで流れ、新陳代謝に大切なはたらきをします。

 

 

一日に一回でもけっこうですから、息を思いきり吸って、続いて、これ以上吐けないというところまで、思いきり息を吐き切って下さい。

「もう、これ以上息を吐くと心臓が止まってしまうんじゃないか」

というぐらい、息を吐き切ってください。

 

 

私たちは、ふだん当たり前のように呼吸をしていますが、呼吸は骨盤の中心に位置する仙骨と、仙骨と硬膜でつながっている頭蓋骨の中心にある後頭骨と蝶形骨に連動しています。

 

 

息を吸うと仙骨の上部が後ろに動き、下部が前に動くのに連動して、後頭骨と蝶形骨の結合部が上に動きます。

そして息を吐くと仙骨は元の位置に戻り、後頭骨と蝶形骨は下に動きます。

 

 

このように、仙骨と後頭骨・蝶形骨が連動して、呼吸のメカニズムの要となっているのです。

 

 

体調の悪い人や病気の人は、自然に呼吸が浅くなってしまいます。

ですから意識的に深い呼吸をすることが大切です。

息を思い切り吸って限界まで吐き切ると、脳脊髄液の流れが良くなって新陳代謝が活発になります。

 

 

とはいえ、ずっとやりっぱなしではかえって身体によくありません。

一日一回から三回というのが目安です。

 

 

息を吐き切ると、自分が背負い、引きずっていた思いも身体の外に吐き出すことにもなります。

ですから息を吐き切るという行為は、新しい物事を受け入れるための準備運動にもなるのです。

 

 

例えば競輪のトップレーサーは、ものすごい練習量をこなします。

運動するだけ呼吸量も増えるわけですが、練習のとき、

「俺はもうダメだ」

などと思っていると、たちまちレースで負けだします。

 

それと反対に、

「俺は強い!絶対に勝てる」

と思っていると、どんどん勝てるようになるという実例を、私はたくさん見ています。

つまり、練習がいかにつらくても、苦しくても、息を吐き切ったときに自分にどれだけ前向きな言葉をかけられるかにかかっているのです。

 

 

また、

「つらいなあ」

「苦しいなあ」

と一瞬思ったとしても、本心は絶対に勝つんだと念じている選手も勝つことができます。

「つらい、苦しい」

と口先で言っているだけならまだしも、心から弱気になってしまったらその選手は絶対に勝つことは出来ません。

 

 

どんどんエネルギーを吐きだしてしまうので、どんどん弱くなっていくのです。

ですから、息を吐いて頭の中を空っぽにしたときに、前向きなことを考えることが大切です。

「幸せだ。恵まれている」

と思っていれば、その通りの人たちに出会うことになります。

 

 

息を吐くとき、自分の思い・心をどれだけ前向きにできるかということです。

深い息を吐いて、今までのストレスを外に掃き出してあげてください。

 

 

リラックス効果でご満足頂けました!

Googleマップへ

Appleマップへ

電話: 022-253-7725
LINE

ページを閉じる

お問い合わせ

メディア掲載実績

ひよこクラブ

会社概要

屋号
手ごころ整体院
営業時間
 
月・火・木・金:10時~20時
水・土:10時~14時
定休日
日祝 その他講習会参加日等
住所
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16
最寄り駅
六丁の目駅徒歩1分
電話番号
022-253-7725
予約有無
完全予約制

アクセス情報

住所
〒984-0013仙台市若林区六丁の目南町1-16
最寄り駅
六丁の目駅徒歩1分

Googleマップへ

Appleマップへ

受付時間

受付時間

お問合せ

お電話でのお問い合わせ
022-253-7725

メールでのお問い合わせ
shun5546@gmail.com

ネットからのお問い合わせ
お問合せ

完全予約制

手ごころ整体院紹介

手ごころ整体院 手ごころ整体院

〒984-0013
仙台市若林区六丁の目南町1-16

最寄駅 六丁の目駅
ブログはこちら お問い合わせフォーム